専門の先生から学ぶ

今日は2つの学年で、講師の先生をお呼びして授業を行いました。専門的な知識や技術をもっていらっしゃる先生からどんなことを学んだのでしょうか。

3年生は、工」の授業に、現代陶芸美術館の先生に教えてもらいました。「大きくかく」のか「たくさんかく」のかを決め下書きを書いていきます。そして、絵の具の使い方についても教えてもらいました。

5年生は、福祉学習の1つとして、福祉センターの方々に高齢者疑似体験を行ないました。高齢者によっては、体の動きが十分に出来ない人もいます。そんな人の大変さを、装具をつけて体験しました。また、車いすに乗って動きことを体験し、わずかな段差が、乗り越えなくてはならない大きな壁であることを実感しました。

高齢者や障がいがある人を見たら、すぐに手を差し伸し、できることでもやってあげることがよいわけではありません。自分ではできないこと、助けを求めてきたときに優しく接したいですね。