姫の歴史を学ぶ

今日は、6年生の「郷土の歴史探検」を行ないました。あいにくのでしたが、予定の日程を変更して実施しました。

講師は宮嶋先生です。宮嶋先生は鎧兜を身に付け、戦国武将になってお話をしてくださいました。6年生の代表の子たちは、金山城を中心とした8つの城があった場所にのぼりをもって立ち、位置関係を学びました。

 

説明を聞いた後、陶技学園のバスに乗せていただき、今城跡」「三宮神社」「岡田将監代官屋敷跡」の見学に出発。雨が降っていたので、バスを降りて見学したのは「三宮神社」だけでしたが、バスの中でそれぞれの説明を聞きました。

バスの中で一生懸命にメモを取りながら、子ども達は話を聞きいっていました。この子達が将来大人になったときに、「姫」の歴史を伝える一人になってくれるとうれしいですね。

学校に戻ってくると、ちょうど大雨警報が発表され引き取りとなりました。雨の中でしたが、学習が無事にできてよかったです。