本に親しむことを通して・・・

「あいさつ」の活動に続いて、保護者の方々に「読み聞かせ」をしていただきました。集中して聞き入る子、思わず出た笑い声、本に顔を寄せて話に引き込まれていく姿。楽しいお話をありがとうございました。

本を読むことは、ゲーム機やコンピューターで遊ぶことからは得られない経験ができます。場面を思い描くこと、登場人物の思いを推し量ることなど、子どもたちの「想像力」や「創造力」を養います。また、その力は、仲間への思いやりを育てることにもつながります。この活動を通して、子どもたちがもっともっと本とふれあう機会が増えることを期待しています。