例年、夏頃に「家族の約束十二か条 三行詩コンクール」が行われます。

今年度は2人の児童が表彰されましたので紹介します。

今年度は全校集会を行っていないので、校長先生が各教室に行き、表彰状を渡しました。

職員研修で、「救急救命法」を行いました。

一般的には、水泳学習の前に行うことが多い「救急救命法」。今年度はコロナ禍の影響により水泳がなくなったと同時に、救急救命法も行っていませんでした。しかし、「事故が起こるのはプールだけではない」と話し合い、もう一度全職員で確認しました。

第3派の状況が気になりますが、学校の教育活動は行っていかなければなりません。そこで大切なのが感染予防対策です。

音楽のリコーダーの学習では、「常時換気」、「送風機による空気循環」、そして「フェイスシールド」を使っています。

「フェイスシールド」は全児童分購入してあり、今のところ、リコーダーや鍵盤ハーモニカの学習の時に活用しています。

いやぁ~、すごい時代になりましたねぇ~。

今年度は、コロナ禍の影響で、「他校との交流は絶対にできない」と思っていましたが、、、

できたんです(*^_^*)

「オンライン」という手段がありました。

子ども達は画面の向こう側にいる子に対して自己紹介をしたり、一緒に踊りをしたりと大盛り上がりでした。

今日、歯科検診がありました。

例年、給食時間の後に「歯みがきタイム」を全クラス位置付けていたのですが、今年度は感染予防対策として「歯みがき活動」を行えません。ですので、ご家庭での歯みがきがとても重要です。保護者の皆さん、ご家庭での声かけ、見届けをお願いします。

3年生が、4年生にドッジボールの試合を申し込みました。

結果は、、、、

6年生の国語の教科書に、「みんなで楽しく過ごすために」という学習があります。これは、相手の立場や状況を考えながら計画的に話し合い活動を行う学習です。

 

今回は「1年生と楽しく過ごすために」をテーマに話し合い、遊び方やルールの在り方について意見を出し合いました。そして、今日(11/16)、実際にその遊びを1年生と一緒にやってみました。