7月5日10時から、母親委員会主催の家庭教育学級が行なわれます。今年度も西崎功先生に来ていただきます。昨年度はこんな感じでした。

前半はお話を聞き、後半は座談会のような楽しい会でした。大まかな講演の内容は次の通りでした。自信をもって子育てができるような勇気をもらえる会でした。

まだ少し余裕があるようですので、今からでもお話を聞きたいと思われる方は、教頭まで連絡をください。

市内の小学校では、エアコン設置が完了し、7月から使っていきます。快適な環境で学習できることを、きっと子どもたちも嬉しく思っているでしょう。しかし、気をつけなくてはならないことは、は暑い』と言うことです。あまりにも室内の温度が低すぎると、外とのギャップが大きくなり、体調をくずしかねません。「暑くても頑張ること」もある程度は必要なことですね。保健室前には、こんな掲示物が・・・。

  

まずは自分の体調を管理することですね。生活のリズムをくずさないこと、睡眠時間を確保すること、朝食をしっかりと摂ってくることなどです。エアコンに頼りすぎないことも「つよい体」をつくる上で大切です。

7月の目標は『ふわふわ言葉を使おう』です。友だちが優しく接してくれたりあたたかい言葉をかけてくれると、うれしい気持ちになりますね。7月は、そんな仲間関係をつくるために「ふわふわ言葉」を使うことや友だちを呼ぶときに「さん」「くん」をつけることを目標としています。

どちらの声のかけ方をされるとうれしいでしょうか?「チクチク言葉」を言われると「チクチク言葉」で返してしまいます。「ふわふわ言葉」を言われて「チクチク言葉」で返す人はいないと思います。「ふわふわ言葉」の輪が、学校でも家庭でも地域でも広がっていくと、みんなが優しい気持ちで暮らせますね。

昨日に続き、低学年とみやまの授業参観です。元気に手を挙げる子、先生の問いかけに大きな声で応える子、お父さんやお母さんと一緒に作業する子など、生き生きと活動する姿が見られました。

 

この2日間、大勢の保護者のみなさんに参観していただき、ありがとうございました。

今日と明日の2日間にわけて授業参観と学年懇談会を行ないます。4月PTA総会時の授業参観以来の2回目の参加日です。

お子さんの学びの様子に、何か変化はあったでしょうか。頑張っているところをたくさん見つけていただき、次への励ましとしていただければ、子どもたちの自己肯定感も高まります。

いきものさがし】

2年生は、生活科の学習「いきものさがし」で姫っ子川に探検に行きました、タモを持ち、泥の中に潜んでいるいきものをさがしました。どんないきものが見つかったでしょうか。

【田植え、その後

田植えをして約3週間過ぎようとしています。今、田んぼがどんな状態か知っていますか?

(6月5日)

(6月26日)

なかなか授業では見に行くことができませんが、休みの日など出かけたときには、ついでに見に行ってください。

3年生の音楽では、リコーダーを使う授業が始まります。今日は講師の先生から吹き方を教えてもらいました。

タンギングのコツを「ワン、トゥー、スリー」の「トゥー」を言うような感じで舌を使うことやリコーダーの持ち方、穴を押さえる指も形などを、わかりやすく楽しく教えてもらいました。

「姫川探検」「田植え」「愛岐処分場・三の倉センター見学」に続いて、自然や環境を学ぶ学習の第4回目は、防教室」です。

災害からくらしを守るための工夫を模型を使って説明してもらいました。また、降雨体験をしたり、実際の砂防堰堤を見学したりして来ました。

今朝の姫子ども朝会では、『わたしの主張多治見市大会』出場する代表の子の発表と保健安全委員会の『歯みがき週間』、姫っ子委員会の『緑の羽根募金』のそれぞれの呼びかけがありました。

市の主張大会は、22日(土)バロー文化ホール午後1時から始まります。南姫小の発表は2番目です。ぜひ応援に行ってください。

歯みがきについて、クイズで大事なことを伝えてくれたり、模型の歯と歯ブラシを使って正しい磨き方を示してくれたりしました。とてもわかりやすかったです。

緑の羽根募金は、私たちの生活環境を守るためのものです。主張大会に出る代表者の話にもありましたが、「1円でもいいので」参加することが自分たちの環境を守ることにつながります。