明日から12日間の冬休みを前に集会を行いました。最初に『ありがとうの木』をうたい、友だちとの楽しかった思い出を振り返りました。

12月の「児童アンケート」では、たくさんの「じまん」が集まりました。一つ一つのことがらに一生懸命に取り組んできた結果、学習面だけではなく、生活面や体力、係活動などで、やり切った』という思いがもてました。

そして、今後「じまんにしたいこと」についても、それぞれの学年に応じた子どもらしい目標です。精一杯取り組む姿を支えていきたいです。また、生徒指導の先生の話では、消防車や救急車、パトカーなどにお世話にならないような生活をしたいとありました。

じぶんの命、なかまの命、どの命もかけがえのない大切なもの。1月8日に元気な姿で出会えることを楽しみにしています。

インフルエンザの流行が一段落し、今日の昼休みは2019年最後の「たてわり遊び」です。6年生が中心となり準備をしたり進行したり・・・。みんなで元気よく遊びました。

6年生がリーダーとなって進める「たてわり遊び」はあと何回あるのでしょうか。来年も楽しく過ごしたいですね。

6年生の給食は『セレクト給食』です。ちょうど「クリスマス・イブ」ということもあり、教室で飾り付けられています。忙しい中、調理場のみなさんが準備に来てくださいました。ありがとうございました。

また、この日のために、12月3日に栄養教諭の先生に来ていただき、食育」の授業を行いました。栄養教諭の先生は、いつも栄養のバランスを考え献立を工夫していることや子ども達が楽しくなるような給食時間になるようにと、さまざまな面から考えていてくださいます。

おそらく今日の給食では、その日のことを思い出し、栄養について考えながら食べたことと思います。このような取組を通して、子ども達が自分自身の健康を考え、食材をセレクトできるようになることが給食の目的の一つです。

インフルエンザ流行により、1週間遅れの赤い羽根共同募金。もってきてくれた募金を、姫っ子委員が集めました。募金に参加した一人一人の気持ちとともに、箱がいっぱいになりました。ご協力ありがとうございました。

市内でも風邪(インフルエンザ)がはやり始めたようです。今年も残すところ1週間。風邪予防など体調管理をしていきたいです。うがい・手洗い・換気、栄養と睡眠、強い体・・・、自分自身で管理することが大事ですね。

今日は「おんがくのたね」『狂言』を鑑賞しました。日本の伝統芸能である『狂言』ですが、なかなか観る機会がないと思います。しかし、説明を聞いているとどのようなものかがよくわかりました。子ども達の「ごっこ遊びと同じ」と聞いて,きっと身近に感じたのではないでしょうか。

最後に『柿山伏』を演じてもらいました。説明を聞いた後だったので,その楽しさがよくわかりました。 650年も続く伝統文化。難しそうに思えますが、触れてみるととても親しみやすいと感じたのではないでしょうか。

いつも資源回収では、保護者のみなさんはじめ地域のみなさんに協力していただいています。そこで得られた収益を有効に活用しようということで、防災用のヘルメットウォータークーラー2台、ボールなどを購入していただきました。

朝会では、PTA役員さんに来ていただき贈呈式を行いました。各学年の代表の子が受け取り、6年生が代表してお礼の言葉を言いました。冷水器やボールはみんなで仲良く使えるとよいですね。

ヘルメットは教室の椅子の下に,写真のように設置します。

取り付けてあるひもやゴムを引っ張って遊ぶと,ヘルメットが固定できなくなります。上手に使えると緊急時に命を守ってくれることになります。

1年生は、風邪(インフルエンザ)による欠席が多いです。しかし、そんな中でも勉強をがんばっています。写真は、算数の「いろいろなかたち」の勉強です。さまざまな立体を、その特徴ごとに分けていきます。さて、どんなことが見つかるでしょうか。

一人一人で考えたり、ペアで話し合ったり、全体で交流したりして仲間わけをしました。一生懸命に取り組む姿が素晴らしかったです。

★体調管理を!!

本校でもインフルエンザがはやり始めています。うがい・手洗い・マスクなどの予防とともに不要不急のお出かけをさけるなどして、体調管理をお願いします。

6年生を対象に「薬物乱用防止教室」を行いました。2名の保護司さんから、薬物の危険性や依存性・中毒についての話を聞いたり、DVDを見たりして勉強しました。

「飲むとやせる」「疲れがとれる」など「誘いの言葉」はさまざまです。知っている人からでも安易に受け取らないこと、すすめられたら大人に相談することなど、きっぱりと断ることが大切です。また、最後の写真は、子どもがつくった川柳です。

『きたないな たばこで肺が まっくろけ』

保護司さんの話にも、このことがありました。たばこを吸い続けると、コップいっぱいほどのタールがたまるそうです。想像すると恐ろしいことですね。

薬物は「ダメ、ゼッタイ」

2週間ぶりの「たてわり遊び」。今日も6年生が主となって、さまざまな遊びをしていました。準備する6年生、取ったボールを低学年に渡す高学年、じゃんけんで負けないように励ます子たち、捕まらないように応援する味方など。さわやか!!

「たてわり」ならではの優しい姿・あたたかい言葉がたくさん見られました。そんな姿や言葉が学級や学校中に広まると、いろいろなトラブルがなくなるのでしょうね。