明日から3月。6年生の卒業まで16日となりました。今日は、地域での学習や登下校の見守りなどでお世話になった方々に来ていただき、日頃の感謝の気持ちをお伝えする会を行いました。

 

その後、6年生を送る会も参観していただきました。各学年が、出し物を発表し、6年生に対して感謝の気持ちを表しました。

6年生からも呼びかけや、宮沢賢治の「雨にも負けず」の発表などがありました。

最後に全校で「ありがとうの木」を歌い、くす玉を割りました。

5年生のみなさんは、この会のために丁寧に準備をしたり、何度も練習をしていました。楽器の演奏や司会進行、指揮台やくす玉などの準備、会場の飾り付けなどに6年生を送る気持ちが感じられました。来年度が楽しみです。

今日は地域の方々や保護者の方々に来ていただき、心温まる会ができました。ありがとうございました。

今日は6年生を対象に、『薬物乱用防止教室』を行いました。2人の保護司さんに薬物の怖さを教えていただきました。薬物は、一度でも使うと何度でも繰り返すようになること。そして、健康でなくなるだけではなく、考えることや判断することなどが正常にできなくなり脳が壊れていくことなど、想像もつかないくらい恐ろしいことになることを知りました。

悪いことを考える人は、さまざまな手を使ってきます。甘い言葉に惑わされないようにすること、自分の考えをしっかりともつこと、落ち着いて判断することが大切です。

2月も終わりに近づいてきました。昼中の窓越しの日差しもだんだんと暖かくなり、春が近づいていることが感じられます。子どもたちもジャンバーをぬ脱いで遊んだり元気に勉強したりしています。また、今取り組んでいる「じまん」の活動にも一生懸命に取り組んでいます。

6年生の「あいさつ」は、最近いつも以上に良くなってきていて、大きな声で進んで声をかけています。元気にあいさつする姿はとても気持ちがよいですね。

取り組み方は、達成人数で示す学級、時間を記録する学級、取組を数段階に分けてレベルアップをめざす学級などさまざまです。自分たちの目標に向かってみんなで協力できるようになるとよいですね。こんな掲示物もつくり、子どもたちが、自分たちの学級の状態を判断し掲示に示しています。どんどん目標達成に向けて気球が上がって行くよう協力しましょう。

6年生と一緒に過ごせるのもちょうど1ヶ月。来週の「6年生を送る会・感謝の会」に向けて各学年が準備をしています。どの学年も6年生への感謝の気持ちを表そうと一生懸命です。楽しい会になるとよいですね。

 

5年生のみんなが中心となって準備をしています。来年のリーダーとしてがんばってくださいね。

6年生が卒業するまで約1ヶ月となりました。今朝の朝活動では,分団の引き継ぎを行いました。現在6年生の分団リーダーが、来年度リーダーになる子に『分団旗』を引き継ぎ、登下校時の注意点を伝えました。また、新分団長の決意の言葉も頼もしかったです。

分団旗を受け取る新分団長さんの表情には、緊張の中にも「がんばるぞ」という気持ちがうかがえました。明日から6年生は分団の後ろの方に並び、新分団長の活動を見守ります。みんなで協力して安全に登校しましょう。

インフルエンザの流行もひと段落といったところです。しかし、まだ休んでいる子もいますので楽観はできません。引き続きうがい手洗いなど予防に心がけてください。

インフルエンザの波もほぼ過ぎたということで、朝の活動では「短縄」が始まりました。体育委員のリードのもと、前跳びや後跳び、あや跳びなど、自分のペースで跳びました。

60秒間跳び続けることは、かなり大変そうです。息が切れている子が何人もいました。縄跳びは自分の力にあった跳び方ができます。しかも、一人でできるので、体力をつけるにはとてもよい運動です。家でもできますね。

参観日2日目は4・5・6年です。総合的な学習の時間に学んだことの発表をしました。4年生は姫地区の自然について、5年生は福祉に関すること、6年生は防災や郷土の歴史についてです。

子どもたちは1年間でさまざまなことを学びました。その一つ一つがこれから生きていく上での力となれればと願っています。2日間にわたり大勢の保護者の方々に来ていただき、ありがとうございました。

今日は1・3年とみやまの参観日でした。学習の成果をいろいろな形で発表しました。保護者の方々には、ふつう日にもかかわらず大勢参観していただき、ありがとうございました。

2年生はインフルエンザによる学年閉鎖中です。後日、みんなが元気になったら授業参観を行います。もうしばらくお待ちください。

6年生の小学校生活も残すところ約2ヶ月。この時期は、学校のリーダーとしてのまとめの活動と中学校に向けての心構えづくりの両方を気にしながら生活しているのではないでしょうか。

さて今日は、中学校の先生に来ていただき、中学校生活で大事にしたいことについての話を聞きました。

夢を持つことや夢に向かって努力することの大切さ、社会で求められる人間性などの話を聴きました。また、中学校3年間を通して、「自立」する力をつけていく必要があるということです。小学校で求めていることと同じですね。

今、6年生は、「自分から進んであいさつをする」ことを『学級のじまん』にしようと取り組み始めています。中学校においても社会での生活においても、「あいさつ」はとても大事なことです。期待しています。