「ピンチをチャンスに!」

南姫中学校の生徒の皆さん、こんにちは!休校期間が2ヶ月以上となり、自宅で過ごすことも大変つらくなってきていることと思います。コロナウイルス感染症は、日本だけでなく世界の人たちの努力で、確実に予防効果を上げていることと思っています。「早く学校に行きたい!」「みんなと一緒に笑ったり、体を動かしたりしたい!」「先生方の授業を生で受けたい!」(本当にそう思ってくれていたらうれしい)と思っていることと思います。

3月2日から突然「臨時休校」となりましたが、その際こんな文章が岐阜県教育委員会から出されました。今まで付けてきた力が試される休みになります。自分に負けず、やりきった!と言える休みにしましょう。

しかし、春休みが終わっても学校を再開することはできませんでした。そして全国に「緊急事態宣言」が出され、岐阜県は「特定警戒都道府県」となっています。コロナウイルスはいつになったら収束するのか、学校再開後は再び感染が広がるのではないか、学校を再開しても大丈夫なのか、という不安は尽きません。

ここ数日の全国および岐阜県を含む東海地方の感染状況を見ると「学校再開は近いな」と予感しています。いつ多治見市の小中学校は再開できるか不透明ですが、生徒の皆さんには以下のことについて再チェックをお願いします。

・学校再開に向けて、規則正しい生活になっていますか。(就寝・起床時刻は?)

・授業再開に向け、プリント配付された課題や動画配信等を使って、自主学習はできていますか?

・この休校中だからこそ、こんなことがやれた!という充実感はありますか?

姫中の先生達は、皆さんとの学校再開に向けて学習プリントや動画作成をしたりして頑張っています。皆さんは、自分の生活を今一度見直し、自律(自分で自分の生活をきちんとすること)力を付けましょう。コロナウイルス感染症によるこの大ピンチをチャンスに変えられるのは今しかありませんから。

生徒の皆さんだけでなく、保護者の皆様も不安を抱えていらっしゃることと思います。学校再開に向けての情報が入りましたら、できるだけ早くメールやHPでお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いします。