学校のトイレ・何とかならないの?🚻

 48年間お世話になった校舎へ何か出来ないかな?…と考え、「トイレの壁、クリーンアップキャンペーン ‼️」をやり始めました。まずは、壁をきれいに磨き、壁にワンポイントのシールを貼ることにしました。

開始3日後、女子トイレの壁と奮闘していると、休憩時間にある生徒がトイレを使うため、入り口で待機。「邪魔してごめんね。奥のトイレをどうぞ!」と案内すると「ありがとうございます。」「わざわざ、私達の為にすみません」と声をかけてくれました。

次のフロアで、男子トイレを掃除していると「入っていいすっか?」「ありがとうございます」こんなやりとりだけで、この生徒達の為に気持ち良く使えるトイレにしてあげたいと感じました🚽

★長年にわたり、壁に注意書きを貼ったり取ったり。シールや汚れで壁もドアも触れたくない状態です。

★シールの後と壁を洗剤でゴシゴシ!見る見るうちに「美白」されました

★男子トイレの壁です。

★女子トイレの壁です。

★男子トイレ完成形

★女子トイレ完成形

 校長通信の中にトイレのスリッパ」の話がありました。整頓されていないスリッパは、履かれる事はありません。きれいに整頓されたスリッパを選んで履く人の方が多いでしょう。しかし、整頓されていないスリッパをさりげなく履き、脱ぐ時に美しく整える事をみんなで行動したら、あっという間に整頓されたトイレになります。

 「ほうき」「ちりとり」「モップ」などの掃除道具に穴が空いているのは、なぜでしょうか?過去に色々な使う人の情報交換があって空けられた物ではないでしょうか?紐を通して引っかける事により、毛先が傷みません。収納するにもスマートです。次に使う人の事を考えれば、キレイに整頓されていた方がやる気に繋がります。

トイレには「神様」が住んでいると。子供の頃に母から教わりました。「神様が掃除のやり方を見ているから。キレイに掃除をすると、美人になれるよ」と、言われその言葉を信じて頑張った私。顔が美人になるのではなくて心が美しくなった。掃除が終わった後の爽快さはいつも気分が良いです。

間もなく取り壊される校舎です。思い出が詰まった校舎を最後まで美しく大切に使う気持ちが芽生えると嬉しいです。