救命救急法講習会(6年生)

 3日(月)の3校時に、6年生を対象に救命救急法講習会を実施しました。今回は、多治見南消防署員の方々、多治見市機能別消防団員の方々より、心肺停止状態の人に対する応急処置(救助の要請・胸骨圧迫・AEDの使用)について指導を受け、練習キットを使って実際に体験するという内容でした。救急時に、その場に居合わせた人が、救急隊や医師に引き継ぐまでの間に行う応急処置は「BLS」と呼ばれていますが、今回の講習会を通じて、小学生にも「BLS」ができることや、その重要性について深く学ぶことができました。