外国語活動

 来年度の新しい学習指導要領施行にともない、小学校の英語教育が大きく変わります。これまで、小学校5・6年生では「外国語活動」という英語に慣れ親しむことを目標とした授業が行われてきましたが、来年度からは、それが「外国語」という教科に変わり、他教科と並んで、英語の基礎を身につけるための授業が行われるようになります。また、「外国語活動」の授業は、3・4年生で行うことになります。その準備として、学校では、日々、様々な教員研修を重ねています。本日は、4年生の外国語活動を通した校内研究会を実施しました。