授業風景(6年生)

 24日(月)に、多治見市内の小学校で図画工作科に関わる先生方が多数来校され、6年生の木版画づくりの授業を参観されました。現在行っているのは、「ぼく・わたしがヒーローだ~活躍するぼく・わたし~」という題材で、子どもたちが、自身の生活の中で、自分らしいと思う姿を木版画に表す学習です。今回の授業は、彫りの効果を考えて彫刻刀を使い分けたり、方向を考えて彫ることが活動の目標でした。子どもたちが集中して作品づくりに取り組む姿が印象的でした。