ドッヂボール・トーナメント 最終日

 体力づくりの一環として、体育委員会が計画した「ドッヂボール・トーナメント」が12月から始まりました。市之倉小学校の子ども達は、「投力」に課題が見られるため、ボールを投げる機会を増やして体力向上を目指そうと、昼休みを利用し、低学年は低学年同士、高学年は高学年同士で、ドッヂボールの対戦をしています。
 1・2・4・5年生では学級の男子と女子それぞれ2チームずつに分かれて、3・6年生では学級の男子と女子の2チームに分かれて参加しています。今日、いよいよ最終日を迎え、高学年の部の決勝戦と3位決定戦がおこなわれました。
 男子の決勝戦は6年1組と5年1組、女子の決勝戦は6年2組と4年1組の対戦となりました。惜しくも準決勝で敗退したチームによる3位決定戦は、男子が5年1組と4年1組、女子が5年1組同士の対戦となりました。
 白熱した対戦の結果、高学年男子の部の優勝は6年1組、準優勝は5年1組、女子の部の優勝は4年1組、準優勝は6年2組でした。また、男子の部の第3位は5年1組、第4位は4年1組、女子の部の第3・4位は、いずれも5年1組でした。