地域の方々と遊ぶ会(1年生)

1年生の生活科では「昔から伝わる遊びを楽しもう」をテーマに学習を進めています。その学習の一環として、子ども達と一緒に冬の遊びを楽しんでいただくように「みどりの会」「松寿会」の皆様に学校へお越しいただきました。「あやとり」「竹とんぼ」「こま」「竹馬」「けん玉」「羽子板」「お手玉」の遊びについて子ども達が手ほどきを受けながら、一緒に楽しむことができました。

まず、実行委員の司会により、「はじめの会」がおこなわれました。「はじめの会」では、全員で目当てを確認し、担任の先生の話があった後、参加していただいた「みどりの会」「松寿会」の皆さんから一人一人自己紹介をしていただきました。最後に、子ども達が歓迎の気持ちを込めて、大きな声で「思いやりの歌」を合唱しました。
「はじめの会」の後、30分ずつの前後半に分かれて、「みどりの会」「松寿会」の皆さんと一緒になって、子ども達は色々な遊びを楽しみました。
一緒に遊んでいただいた楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後に「おわりの会」が開かれました。目当てについての反省や一緒に遊んだ感想を子ども達が発表した後、「みどりの会」「松寿会」の皆さんへの感謝の気持ちを込めて、校歌を元気な声で合唱しました。
会場の多目的ホール(はじめの会における「みどりの会」「松寿会」の皆様の自己紹介の様子)