1年1組を学級閉鎖とします

 本日1月17日(木)、1年1組において、熱症状等による欠席児童が10名となり、また、そのうち7名の児童がインフルエンザ罹患の診断を受けています。学校医の指導のもと感染拡大を回避するために、1月18日(金)の一日に限って1年1組の学級閉鎖(学年閉鎖)を実施することとしました。
 本日1月17日(木)、1年1組については、給食後、予定より少し早めの13時30分に下校することとします。本日の下校後の生活や、学級閉鎖期間中の家庭での過ごし方等については、下校前に学校で指導しますので、ご家庭でも保健衛生を図っていただきますようにお願いいたします。(学級閉鎖期間中、該当学級のご家庭へは学校から適宜連絡をさせていただきます。)
 また、本日1月17日(木)、1年生以外は、予定通り14時30分に下校します。お子さんが帰宅されたら、次の3点にご留意いただき、ご家庭で適切にご指導ください。

*感染防止を図るため、お子さんには不要不急の外出をさせないでください。
*ご家族全員で「手洗い」「湿度の調整」「換気」「うがい」を励行してください。
*お子さんの体調が悪くなった場合には、できるだけ早く受診させてください。

 なお、インフルエンザによる欠席児童は、1年1組以外の学級については、2年1組で6名、その他の学級で計4名となっております。今後、大きく広がっていくことも危惧されますので、現時点で風邪等の症状が見られないお子さんのご家庭についても、インフルエンザ予防には十分にご留意いただきますようにお願いいたします。