地球村合宿 第1日(5年生)

「自分で考えて行動しよう」を目標として、5年生が地球村合宿を実施しました。この活動では、①集団活動を通して「人のために働くこと」「人と協力すること」の楽しさや大切さを知ること、②何事にも自分から挑戦し、最後までやりきること、③自分のことは自分ですること、④美しい自然に触れ、知恵を使える優しい人になることの4つを達成することをねらっています。第1日の様子をご覧ください。

出発式
まず最初に、学校の体育館に5年生全員が集まり、出発式をおこないました。各自の健康観察とともに、目当ての確認をし、先生の話を聞きました。出発式を終えた後、タクシーに分乗して、地球村へ出発しました。

入村式
地球村に到着した後、ホールにて入村式をおこないました。校長先生や地球村の方の話を聞き、校歌を歌いました。いよいよ、地球村での活動のスタートです。

里山ウォーク
地球村周辺の里山を散策しながら、講師の方から、落ち葉や草木を使った簡単な工作や遊びを教えていただきました。子ども達は色々な工作や遊びを楽しみながら、大自然を満喫していました。

昼食
里山ウォークをたっぷりと楽しんだ後は、昼食です。子ども達はぞれぞれ、家から持参した弁当を美味しそうに食べていました。

ベッドメーキング
寝具の準備をどのようにするのか、説明を受けてからベッドメーキングをしました。普段は使うことのない特殊構造のシーツに苦闘しながら、互いに声を掛け合って、無事に寝床を準備できました。

野外炊事
地球村本館から徒歩にてキャンプ場へ移動しました。夕食のメニューは「カレーライス」です。最初に簡単な説明を受けてから、各グループで「かまど係」「カレー係」「ご飯係」に分かれ、調理開始となりました。どの係も手際よく作業を進めることができ、順調に調理が進みました。みんなで協力して調理したカレーライスは、格別のおいしさでした。後片付けもしっかりとでき、頼もしささえ感じられるほどでした。

キャンプファイヤー
夕食後には、野外調理場の隣の広場でキャンプファイヤーをおこないました。最初に、火の神が登場し、「協力の火」「行動の火」「思いやりの火」「ベストの火」がそれぞれ火の子に授けられ、キャンプファイヤーが点火されました。キャンプファイヤーが勢いよく燃える中、全員でダンスやゲームを思いきり楽しみました。

天体観測
キャンプファイヤー終了後、暗い山道を徒歩で移動し、天文台に向かいました。天文台では、屈折望遠鏡で火星を、反射望遠鏡で土星を観察しましたが、天候がよく、空気が澄んでいたので、とてもよく見ることができました。講師の方からは、星などについての話もしていただきました。

夜食
冷たい空気の中での天体観測を終えて本館に戻り、子ども達は暖炉の火で体を温めました。17時よりも前に夕食を済ませているため、ホールで夜食をとりました。夕食後に体を動かしていることもあってお腹が空いていたのか、子ども達は、配られたメロンパンとオレンジージュースを堪能している様子でした。