福祉体験(6年生)

 15日(月)、6年生が、多治見市社会福祉協議会の方々のサポートにより、福祉体験(総合的な学習の時間)を行いました。子どもたちは、3つのグループに分かれ、全員が、「アイマスク体験」・「車いす体験」・「高齢者体験」を体験することができました。当事者としての体験だけでなく、介助者視点での体験をしたことで、相手の気持ちや願いをくみとる大切さを学ぶことができました。今後は、今回の体験をもとに、まとめの新聞を作成する予定です。