緊急事態宣言下における感染防止対策として、音楽の授業では、歌唱や楽器演奏を屋外で実施する等の工夫をしています。今日は、6年生が特別教室棟との連絡通路で歌唱練習を行いました。 マスクを着用し同じ方向を向いて歌う短時間の練習でしたが、子どもたちは大変嬉しそうに歌っていました。校内に子どもたちの歌声が響く幸せを感じるひとときでした。

 16日(水)の5校時に、6年生の体育の授業を通して全校研究会が行われました。今回は、ボール運動領域(ネット型)「ソフトバレーボール」の学習で、相手のサーブや返球の場所に応じて、味方が強いアタックを打つためにどう移動すればよいか考えて動き、声をかけ合って試合することを目標としました。子どもたちは、作戦ボードを使って動きを確認したり、試合では、仲間にパスやトスをつないで力強い攻撃をするなど、前時の学習を活かして素晴らしい授業を創り上げることができました。ご指導いただいた先生からは、授業内容とともに、子どもたちの学び方が素晴らしいという評価をいただきました。

 26日(木)に、6年生の修学旅行を実施しました。今年度は、新型コロナウイルスの影響により6月実施が11月に、行先は奈良・京都から県内(白川郷・大滝鍾乳洞・郡上八幡城)へ、そして日帰りへと変更となりました。今までにない異例の修学旅行となりましたが、子どもたちは、「仲間と最高の思い出をつくろう!」と、事前から心を一つにして準備し、当日は、感染防止対策をとりながら、笑顔で思う存分旅行を楽しむことができました。今回の実施にあたって、保護者の方々には多大なるご理解とご協力をいただきました。本当にありがとうございました。

 2日(月)のみどりの時間(8:15~8:30)は、子どもたちが毎回楽しみにしている、ハッピークローバーの方々による読み聞かせでした。今回、6年生には、数人のメンバーの方々によって、読み聞かせ&ペープサート劇「東濃弁あかずきん」を見せていただきました。子どもたちは、「面白かった」「知っている東濃弁があった」と大喜びでした。

 13日(火)より、新型コロナウイルス感染防止のため休止していた児童会活動(委員会活動)が再開しました。後期児童会役員となる6名の児童らが、校長先生から任命証を受け取り、放送で決意と抱負について語りました。全校みんなが明るく元気に、そして「ありがとうの花」が溢れる市之倉小学校になるためのリーダーとして期待します。