修学旅行の第2日です。6時30分に起床の後、洗面、布団の片付け、健康観察、荷物の整理を済ませ、朝食をとりました。その後、準備をして、8時10分にホテルを出発しました。

最初の見学地は清水寺です。バスの駐車場から坂道を上って、本堂の見学をしました。残念ながら、改修工事のために本堂には覆いがされていて、全貌を眺めることはできませんでしたが、舞台からの景色を楽しむことはできました。見学が終わった後、お土産を購入する時間をとりました。

次の見学地は二条城です。二の丸御殿の内部を見学した後で、外側から「ウグイス張りの廊下」の構造を見学したり、庭園を見学したりしました。

次の見学地は鹿苑寺(金閣)です。外国の方も多く訪れている中でしたが、黄金に輝く金閣をじっくりと見学することができました。

全ての見学を終え、昼食をとりました。この後、京都土産の代表的なお菓子である「生八ツ橋」を手づくりする体験活動をおこないました。説明を聞きながら、どの子も一生懸命つくることができました。家へ持ち帰る土産が増え、子ども達はとても喜んでいました。

ほぼ予定通り、17時40分頃に学校へ帰着することができました。到着後には解散式をおこない、その後、子ども達は各家庭へ帰っていきました。

2日間の修学旅行の第1日です。午前6時に市之倉小学校運動場で出発式をおこない、東名阪自動車道を通って奈良市に向かいました。

最初の見学地は法隆寺です。子ども達は興味津々で、ガイドさんの説明に耳を傾けていました。五重塔から始まり、最後の夢殿まで見学した後、法隆寺門前の食堂で昼食をとりました。

次の見学地は東大寺です。南大門から大仏殿へ進み、仁王像や大仏を見学しました。その次に二月堂、三月堂を見学しました。この後は京都に向かうため、奈良のお土産を購入したり、鹿にせんべいをあげたりしながら過ごしました。

第1日の最終見学地は平等院です。十円玉のデザインに用いられている有名な鳳凰堂を見ることができ、どの子も喜んでいました。

第1日の見学を全て終え、宿泊するホテルに到着しました。夕食をとった後は、部屋ごとで思い思いに過ごしました。

市之倉小学校では、歯と口の保健教育に重点を置いて取り組んでいます。この中で、「丈夫な体や歯を作るための食生活ができるようにすること」「体や歯によい生活習慣を身につけることができるようにすること」をねらって、栄養教諭による児童向けの講話を実施しています。今回、身体測定を実施した後の時間を活用して、6年生には「歯や骨を丈夫にしよう」をテーマに、5年生には「よくかむことの大切さを知ろう」をテーマに、栄養教諭による講話を実施しました。(残念ながら、6年生の写真記録が残っていませんので、映像は5年生のみとなります。)