19日(火)より、4年生~6年生の書写(書き初め)の指導が始まりました。今年度も、2名の講師の方々にお世話になります。今日は、4年1組・6年生の授業に入っていただき、姿勢や筆の運び方、字のバランスなど、一人一人に細かなアドバイスをいただきました。今月28日まで、全4日間教えていただきます。

 15日(金)の5校時に、4年2組の体育の授業を通して、全校研究会が行われました。今回は、器械運動領域(マット運動)「開脚後転」の学習で、開脚後転は、十分な勢いや足を開くタイミング、手のつき方がポイントであることに気づいて運動することを目標としました。子どもたちは、師範VTRや、iPadで録画した自分や仲間の演技を繰り返し観察し、何度も練習したことで、前の授業よりも大きく上達することができました。ご指導いただいた先生からは、授業内容とともに、子どもたちの学び方が素晴らしいという評価をいただきました。

 30日(水)、4年生は社会科の学習として、「岐阜公園」と「長良川うかいミュージアム」に出かけました。子どもたちは、岐阜城から岐阜市の様子を眺め、多治見市や市之倉町の様子と比べて見たり、伝統文化である鵜飼の歴史や魅力にふれることで、充実した見学を行うことができました。 この日は気持ちのよい晴天で、秋の景色も楽しむことができました。

4年1組
4年2組

 24日(木)に、4年生が、バロー文化センター大ホールで開催された、第69回多治見市小学校音楽祭に参加しました。市内全13校が出演したこの音楽祭に、市之倉小学校は午後の部の5校目に登場し、『友だちシンドバッド』と、『陽気な船長』を元気に合唱・演奏しました。本番前は緊張気味だった子どもたちでしたが、見事にやりきり、終わった後には満面の笑顔があふれました。

 17日(木)のみどりの時間(8:15~8:30)に、4年生が、多治見市音楽祭で発表する合唱曲『友だちシンドバッド』と、合奏曲『陽気な船長』を全校の前で披露しました。どちらの曲も、練習の成果がよくあらわれ、他学年の児童からは、大きな拍手が起こりました。多治見市音楽祭は、来週24日(木)に、バロー文化センター大ホールで行われます。