3年生の書写では、子ども達にとって初めてとなる毛筆を学習します。4月からこれまで、筆の持ち方、筆圧、筆運びなどについて学んできました。今回は、ご自身で書道を教えてみえる保護者の方を講師にお招きし、実際の様子を見せていただきながら、子ども達が始筆と終筆について学びました。説明をしながら筆を動かされる様子を、どの子も憧れの目で見つめていました。

3年生になって学び始めた社会科では今、「はたらく人と わたしたちのくらし」の学習を進めています。この単元では、生産や販売に関する仕事が自分たちの生活を支えていることや、それらの仕事に見られる特色、他の地域とのかかわりを理解するとともに、地域社会に対する愛着がもてるようにすることを目指しています。今回は「店ではたらく人」の学習で、スーパーマーケット「バロー多治見南店」を見学させていただきました。お店の方に店内を案内していただきながら、バックヤードや売り場を観て回り、多くの人々が買物をしやすくするための工夫や、店内で働く人がしている仕事などについて学ぶことができました。

総合的な学習の時間に、3年生では「とびだせ!市之倉たんけんたい」と題して、市之倉の自然について学習をしています。この学習の中で、市之倉を探検する活動をおこないますが、地域へ出て学習をさせていただくので、そのお礼の意味も込めて、例年、地域の皆さんへ花をお贈りしています。5月のはじめ頃に種まきをして以来、子ども達が協力しながら世話をして、立派な花苗に成長させることができました。今回、市之倉の道沿いの花壇を整備してみえる方に、3年生全員から花苗を贈呈しました。市之倉地区の皆さんに喜んでいただけると幸いです。

総合的な学習の時間に、3年生では「とびだせ!市之倉たんけんたい」と題して、市之倉の自然について学習をしています。この学習の中で、市之倉を探検する活動をおこないますが、地域へ出て学習をさせていただくため、そのお礼の意味も込めて、例年、地域の皆さんへ花をお贈りしています。これに向け、5月の初旬には、マリーゴールドの種まきをしました。3年生で協力しながら水やりなどに取り組み、マリーゴールドが立派な苗に育ちましたので、花壇への植え付けをおこないました。まず、花壇の雑草を取り除き、苗を植えられるように穴を掘り、丁寧に苗を植え付けました。これからも順調に育って、美しい花が咲くとよいです。

体力づくりの一環として、体育委員会が計画した「ドッジボール対決」がおこなわれています。市之倉小学校の子ども達は「投力」に課題が見られるため、ボールを投げる機会を増やして体力向上を目指そうと、5月28日(月)~6月8日(金)の期間を設けて、低学年は低学年同士、高学年は高学年同士で、ドッジボールの対戦をおこなっています。これまでに雨で中止となった日もありましたが、今日は第4日となり、運動場では1年生対3年生、5年生対6年生の対戦がありました。熱のこもった対戦になり、活発に運動する子どもの姿が多く見られました。