7日(木)に、3年生が社会科の学習として、「北名古屋市歴史民俗博物館」と「あいち航空ミュージアム」に出かけました。「北名古屋市歴史民俗博物館」では、昭和30年代に使われた品々から当時の人々の生活を知り、自分たちの今の生活と比べることができました。「あいち航空ミュージアム」では、展示された数々の航空機を見たり、3Dシアターで航空産業の歴史を学んだりしました。今日は天気がよく、展望デッキから、離発着する航空機を何機も観ることができました。

 3年生が、社会科の校外学習として、バロー多治見南店に出かけ、そこで働く人々や店内の様子などについて見学しました。子どもたちにとって身近な場所ですが、初めて知ることがたくさんあり、とても有意義な学習になりました。

 市之倉小学校では、体育科の教科指導研究を行っています。4日(木)には、外部から指導者を招き、3年生の授業を通して、教職員による研究会を行いました。今回は、「セストボール」というボール運動の学習から、子どもたち一人一人が、仲間と共に運動を楽しむための指導のあり方を学び合いました。

 3年生は、総合的な学習の時間の活動で、大豆の栽培をしています。今月13日に蒔いた種が芽を出し、現在は、本葉が出て4㎝~5㎝くらいの大きさに成長しています。子どもたちは、それを記録カードに描き、気づいたことや調べてみたいことを書き込んでいます。このような探究的な学習を通して、よりよく問題を解決する力を養っていきます。

 3年生では今、理科の授業で単元「つくってあそぼう」の学習をしています。これまでに学習した、風やゴム、電気や磁石などの性質を利用しておもちゃ作りをし、自分の作品の特徴を発表し合ったり、学級のみんなで楽しく遊んで互いの作品の良さを認め合ったりすることを目指す単元です。
 これまでに、子どもたちは各自で工夫しておもちゃを作り、遊び方を考えてきました。今回は、作ったおもちゃを持ち寄って、自分の作ったおもちゃの仕組みや遊び方を友達に説明しながら、みんなで楽しく遊びました。