17日(木)に、3年生が社会科見学として、美濃加茂市の「みのかも文化の森」に出かけました。子どもたちは、社会科「古い道具と昔のくらし」の学習を深めようと、グループ毎に、石臼体験・七厘火起こし体験・洗濯板での洗濯体験等を行い、今の生活との違いから、昔の人々の知恵や考え方を深く学ぶことができました。大変寒い一日でしたが、子どもたちは元気に見学・体験し、新型コロナウイルス感染防止のための約束や公共のマナーを意識して活動するなど、有意義な校外学習となりました。

 27日(火)の5校時に、3年生の体育の授業を通して全校研究会が行われました。今回は、器械運動領域(跳び箱運動)「開脚跳び」の学習でした。この時間は、跳び箱への手の着き方に気をつけて練習コースを選択し、繰り返し練習することを目標としました。子どもたちは、自分の能力や目指す姿に適した練習コースを自ら選択し、仲間の評価やアドバイスを受けながら何度も練習したことで、多くの子が上達することができました。ご指導いただいた先生からは、新型コロナウイルス感染防止に留意しながら主体的に学ぶ子どもたちの姿が素晴らしいと評価していただきました。

 11月6日に実施予定の「いちのくらフェスティバル」(運動会に替わる体育的行事)に向けて、各学年が準備を進めています。20日(火)のみどりの時間(8:15~8:30)では、1~3年生が、伝統の市之倉体操の練習を行いました。ぐっと気温が下がり肌寒い朝でしたが、子どもたちは元気に身体を動かしていました。運動後は、しっかり手洗い・消毒を行いました。

 学校では、日々、感染予防・熱中症予防の対策をとりながら授業を進めています。今日の3年生の体育は、気温・暑さ指数を鑑みて屋外を避け、窓を全開にし換気をよくした体育館で、身体接触のない運動(この日は“多様な動きをつくる運動”)を行いました。また、授業中は何度も給水タイムをとりました。身体を動かすことは、子どもたちにとって、ストレスを溜めないことにもつながります。たくさん汗をかきながらも、楽しく運動する子どもたちの笑顔が印象的でした。

ホウセンカはめを出しましたか。学校のホウセンカはたくさんめを出しました。それぞれがはっぱを2枚出しました。もうしばらくしたら、広いところにうえかえをします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA