3日(火)に、2年生が生活科の学習『みんながたのしい「おもちゃフェスティバル」にしよう』を行い、手作りの動くおもちゃで遊ぶ会に1年生を招待しました。体育館で、7つのグループが6種類のゲームコーナーを作り、1年生と一緒に楽しく活動することができました。「さかなつりゲーム」に参加した1年生は、「すごく楽しかった」「2年生がやさしく教えてくれた」ととても嬉しそうでした。

 11日(月)の3校時に、1年生の体育の授業を通して授業研究会が行われました。今回は、ボールゲーム領域の「どんどんなげよう まとあてゲーム」という学習で、的をねらって力強くボールを投げること、ルールを守って仲良くゲームを行うことを目標としました。子どもたちは、コートの中央に置かれた段ボール製の的をねらってボールを投げ当て、的を相手側のコートに移動させようと、積極的に運動することができました。きびきびとした集合や、先生の話を確実に聞きとって活動する姿からも、大きな成長のあとが観られた授業でした。

 18日(金)に、1年生が生活科の学習として、東山動物園に出かけました。途中から雨が降り出したため、傘を差したり、雨合羽を着用しての見学となりましたが、子どもたちは、園内をグループ毎に行動しながら、たくさんの動物を観ることができました。実行委員が、出発式や解散式を進行したり、班長さんがしっかり指示を出してグループをまとめるなど、成長を感じさせる一日となりました。

 運動会まで3日となった25日(水)、各学年の練習は終盤をむかえています。1年生は、団体種目「ダンシング玉入れ」の練習を行いました。曲に合わせて踊ったり、玉入れをしたりする、見応えのある競技です。今日は、先生の合図に合わせて入退場することも上手にできました。

 1年生が、生活科の単元「がっこうにいる人と なかよくなろう」の学習を行い、6つのグループに分かれて、職員室の先生方を訪問しました。代表の児童が、「どんなお仕事をしていますか」などと質問し、聞きとったことを、一人一人がメモをとりました。入室から退室までの礼儀やあいさつも含め、たくさんのことを学びました。